テーパードパンツとは?〜メンズファッション用語解説〜

テーパードパンツとは?

こんにちは。ライターの中村です。今回はアイテムの用語解説で、テーパードパンツについてです。スキニーなどに比べ、テーパードという名称を知っている方は少ないかもしれません。街中や店頭でよく耳や目にすることは多いと思うので、知っておいて損はないかと思います。

テーパードパンツについて

テーパードとは英語でtaperedで、先が徐々に細くなることを意味します。その意味の通り、腰周りはゆとりがありますが、下に向かって細くなっていき、足首近くはスリムになっているものです。  width= 引用元:flickr

素材

テーパードとはパンツの形のことです。腰周りはゆったりしているので、素材を選ぶことはほとんどありません。強いて言えば、ジーンズやスラックスに多い形となってます。

印象

スキニーとは違って太もも辺りまでゆとりがあるので、細すぎて履けなかった方も、テーパードなら抵抗なく履けるのではないでしょうか。下に向かってスキニーになっていくので、美脚効果もあります。太ももの部分はゆるくシルエットを隠すことができるので、足を細く長く見せることができます。裾のロールアップによってシワを消すことでさらに綺麗に見せることができます。 width=引用元:URBAN OUTFITTERS 着やすいし特に奇抜な点はないので、挑戦しやすいアイテムだと思います。\n\nбыстрый займ\n