ネットショッピングの注意~服のサイズ間違えを無くすには?~メンズファッション

皆さん、服のネットショッピングと言うと、どういった印象をお持ちでしょうか??「普通に買うよりも安い!」 「忙しくても買い物に行けないときに便利!そんな風に思っている方も多いと思います。確かに便利ですよね!でも、逆にこういった経験はないでしょうか? 最近なかなか忙しくて買い物に行けない...普段はECとか使わないけどちょっと使ってみようかな。あ、この服格好いいから買ってみよう!(数日後)え、実際に着てみると全然イメージと違うな、、、ていうか、ダボダボでださくないか!? そうなんです、ネットショッピングの難しいは、まさにサイズ感がわからないことだと思います。当然ですよね、実際に着たわけでもないので、わかるわけがありません。しかしながら、ファッションにおけるサイズ感デザインや何を着るかとったこと同じぐらい本当に大切なものなんです。 写真で見ると格好いいのに、実際に着てみたら、なんかシックリこない。そこの差は実はサイズだったりするんです。同じ商品でもジャストのサイズを選ぶことによって、品よく恰好よく決まります。 じゃあネットショッピングは使わない方がいいんでしょうか。。。?いいえ、そんなネットショッピングですが、やっぱり便利なので使わない手はないわけです。そこで今回は、ネットショッピングで失敗しないための大事なポイントをまとめてみました!  ◆サイズ感を見極めるには??サイズの表記としてはS、M、Lというのが一般的ですが、服を買うときはだいたい自分が何サイズというのを把握してないそんな方も多いのではないでしょうか?また把握していても、商品によってサイズ感が違うということもあります。では、どうやって自分のサイズを見極めていけばいいのでしょうか。 実はお気づきの方もいるかもしれません。ECには、詳細なサイズの表記がしてあります。例えば、こんな感じです。 size “着丈”、 “肩幅”、 “身幅” 、 “そで丈” という風にありますね。これを利用すればいいんです!  ◆トップスの命は着丈と肩幅同じ服でもサイズが違うことによって全然雰囲気が違います。例えば、着丈が長すぎると、野暮ったい印象になりますし、短すぎるとなんだが幼く見えてしまいます。肩幅に関しては、例えばポロシャツなど自分の肩幅に合ったサイズがベストと言われています。トップスのサイズで特に重要なのは着丈と肩幅になります。 そこで、まず最初に今持っている自分の服をECサイトで調べて、それぞれの長さを把握します。 例えば、今持っているチェックシャツがMサイズで着丈63、肩幅40、身幅50、袖丈61 だったとします。そしてほしい商品のサイズをECでチェックした時、Sサイズで着丈65、肩幅が41、身幅50、袖丈61.5 の場合、Mではなく、Sサイズを選びましょう。このように、S、M、Lの表記だけでは商品によってサイズ感が違ったりということもあるので、あくまで寸法で判断するのが確実です。そして、繰り返しになりますがトップスの場合、着丈肩幅が命です。  ◆寸法がわからない時は??しかし、中には自分が持ってる服の寸法がわからない方というのもいるかもしれません。ノーブランドの服や、古着などはネットで検索してみても良く分からない、、、ということも十分ありえます。そんな方にオススメなのがこれです。 ズバリ、服屋に行ってみる。「え、服屋って店員が商品のウンチクを言ってくるから苦手...」「ネットなのに服屋って元もこもなくない?」そう思われた方もいるでしょう。しかし、ここでは服屋さんの思わぬ使い方をご紹介します。それは... 買わないで、サイズだけ確かめて帰る。メチャクチャですね笑 例えば某有名セレクトショップに行ったときの場合を想定しましょう。 そこでシャツなどのベーシックなアイテムを選び、店員さんに話しかけます。「すいません、試着させて下さい」店員さんは快く聞き入れてくれると思います。そこで、「僕ぐらいの体重身長だと、どのサイズがいいですかね?」といったことを聞いてみます。実際に色々着てみて「どのサイズが格好良く見えますか?」と聞いてもいいと思います。そうすることによって、自分にジャストなサイズ感の服を把握することが出来ます。そして、買わずに家に帰り、その服のジャストサイズの表記を確認することで、他の服達に応用することが出来るというわけです! いかがでしたか?ネットショッピングでもちょっとしたコツさえ掴めば、サイズ選びで困るということもなくなります。そしてなにより、自分にジャストなサイズの服を着ることで、より洗練された印象を与えることが出来るんです。皆さんもここで紹介した方法を実践して、もっとネットショッピングを楽しんでみてください!\n\nбыстрый займ\n