ブーツの着こなし【メンズファッション・コーディネート特集】

ブーツの役割って?

ブーツはみなさん持っているか、もしくは憧れたことがあると思います。もちろんカッコ良さがありますが、それだけではありません。基本的には他の靴に比べボリュームがあり、足首より上にあります。その長さのおかげで長足効果が抜群で、足が少し長く見えます。また、足をカバーする面積も大きいので、冬には防寒に役立ちます。夏でも少し我慢すれば履けなくはありませんが蒸れる可能性もあるのでオススメはしません。ですがブーツといっても様々な種類があります。今回はその中から2つのブーツを取り上げコーディネートを紹介します! 

ブーツの着こなしを種類別で2パターン紹介!

 

【ワークブーツを使ったUKスタイル】

ワークブーツ

  【解説】

モッズコートには王道のスキニーを合わせます!少し丈が長くもふっとしたコートには、ボトムスはスキニーなど細身のものでバランスを取ります。中に着たVネックのニットをアーガイル柄にすることで全体の印象が寂しくならず、UK感を出します。

ここから重要なのが靴です。スキニーを履いているのでくるぶしまで細いのです。ローファーなど小さめのものを合わせてしまうと、モッズコートのインパクトに押されバランスが悪く、全体のコーデを台無しにしてしまいます。そこで、ボリュームのあるワークブーツを合わせることで地に足着いたUKの男っぽく仕上げます。パンツの裾はブーツインした方がスッキリして見えるでしょう。足長効果も狙えます。ハットをかぶったりしてもオシャレに見えていいかもしれません◎

【キレイめに合わせるチャッカブーツ】チャッカブーツ 【解説】

シャツ×ジャケットのキレイめスタイルです。ボトムスは暗い色でチノという固めの素材なのでそれだけだとキレイになりがちですが、ニット素材のジャケットにすることでパリッとした印象を与えません。防寒も兼ねたボーダーの丸首セーターを投入することで柔らかさもプラスです。色も合わせてるので統一感も◎。

このようなキレイめなコーデに合わせる正解のブーツは、チャッカブーツです!チャッカブーツはブーツの中でもくるぶしが隠れる程度の低さを保ち、シンプルなのでキレイめなコーデにも合うのです。ワークブーツのような大きくボリュームのあるものだとブーツだけが変に目立ってしまいます。チャッカブーツを履く際はパンツをロールアップして肌を4cmくらい見せるといい感じにヌケ感が出ます。ジャケットの色と合わせるのもポイントです。

 いかがでしたか?ブーツといっても様々な種類があるのでわかりにくいところを解消できればと思います!場面やスタイルによってブーツを選んで一歩上へ♪\n\nбыстрый займ\n