古着ってなに?(今更人に聞けないファッション用語解説)

今回のテーマはずばり「古着」です。古着といいますと、皆さんこんなイメージを持たれる方も多いんじゃないでしょうか。
「ファッション上級者が着てそう...自分には無理」
「なんだか野暮ったく見えそうで嫌だ...」確かに、古着ってなんだかハードルが高いイメージがありますよね。新品に比べるとサイズもワンサイズだし手を出しにくい...。でも、心配ありません!そんな古着ですが、ちょっとしたコツさえ押さえれば着こなしの幅を一気に広げてくれる魔法のアイテムなんです。

◆そもそも古着とは??

ファッションにおける古着とは、実は2種類あります。①ユーズド物いわゆるブランド古着と言われるもので、KindさんやRAGTAGさんと言ったお店が代表です。これらは比較的新しいブランドものを扱うショップで、純粋な中古という概念に近いかもしれません。② 古い時代の物こちらが今回のメインテーマであるヴィンテージ古着です。ヴィンテージ古着とは、その名の通り数十年前に着られていた服飾品のことを指します。これらの多くはお店のバイヤーさんが直接アメリカやヨーロッパに買い付けにいってきて、輸入しているものです。都市部では原宿、下北沢、吉祥寺、中目黒などに店舗が揃っています。今回はこちらを紹介していきたいと思います。 ↓ちなみに店内はこんな感じ 1182428079_photo(出展:下北沢経済新聞 ◆古着の魅力ではでは、そんな古着のメリット・良さってなんなんでしょうか??そんな疑問が頭に浮かぶと思います。古着の魅力は大きく3つあります。